新着情報

福祉実践フォーラム「成年後見制度は『利用者がメリットを実感』できるようになったか」の案内NEW

2020年08月31日

日本社会事業大学専門職大学院より,成年後見制度に関する講演・シンポジウムの案内をいただきました.全国手をつなぐ育成会連合会の久保会長,国連障害者権利委員会副委員長の石川先生もシンポジストとして登壇されます.Zoomによるオンライン参加の枠が300名あり,8月31日時点でまだ空きがあるようです.
以下に紹介をさせていただきますので,興味をお持ちの方は,下記主催団体特設ページより直接お申し込みください.

〇日時:2020年10月25日(日)13:00-16:30
〇定員:350名(オンライン300名、会場50名)
〇会場:本学指定のZOOM会場ID
    御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター2階 Sola City Hall
〇プログラム:
 13:20 基調講演
  利用者がメリット実感できる成年後見制度の運用の改善とは
       川端伸子氏(厚生労働省社会・援護局地域福祉課成年後見制度利用促進専門官)
 14:30シンポジウム
  成年後見制度は『利用者がメリットを実感できる』ようになったか?
                      -当事者・家族・権利条約の視点から考える-
  ・石川准氏(静岡県立大学教授/国連障害者権利委員会副委員長)
  ・久保厚子氏(全国手をつなぐ育成会連合会会長/知的障害者家族)
  ・丹野智文氏(オレンジドア代表/認知症当事者)
  ・星野美子氏(日本社会福祉士会理事/成年後見人)
   コメンテーター:川端伸子氏、大石剛一郎氏、曽根直樹氏

〇主催団体特設ページはこちらからお入りください  公開フォーラム

〇福祉実践フォーラムのチラシはこちらからご確認ください  PDFファイルチラシ