支援スタッフ研究会

支援スタッフ研究会長のメッセージ


支援スタッフ部会長 弘津 亨
 平成13年に中央組織(財団法人日本知的障害者福祉協会)の組織改編が行われ、従来の「従事者部会」が新たに「支援スタッフ部会」として発足しました。山口県でも。平成15年7月に正式に支援スタッフ部会を設立しました。
平成24年の中央組織の組織改編があり、これまでの部会組織から委員会組織に編成され、平成26年より「支援スタッフ研究会」と名称を変えて活動をしています。
 支援スタッフ研究会は、既設の各部会とは異なり現場スタッフの種別横断的な委員会であり、支援者の視点から様々なテーマで研究に取り組んでいます。県内全域の活動としては、夏に1泊2日の研修会、冬に1日の研修会を開催し、自分達の支援を振り返り、より良い支援に繋がるよう現場スタッフの意見交換の場、交流の場、そして育成の場としての役割も担っていく必要があります。
近年では、特に支援の中のグレーゾーンの検証に力を入れており、現場で出たグレーと思われる部分を、弁護士や学識経験者、管理者、支援者それぞれの立場から検証をして、利用者にとってより良い支援、環境が作れるよう研究会を開催しています。
全体の委員会とは別に県内6圏域に分け、各圏域でも圏域代表者に年2回集まっていただき、テーマに沿って話し合いをしています。各圏域での活動としては、合同で新任研修を開いたり事業所見学や施設間交流をするなど事業所間の横の繋がりを大切にして活動をしています。
 また中国5県の支援スタッフ委員長とも年2回の中国地区支援スタッフ委員会を開催し、各県の活動報告や情報交換、事業所見学等を行っています。
 種別横断的な部会ということで共通のテーマを探すのは難しいですが、利用者支援という目的のもと今後も幅広い視点で研修を計画し、支援スキルの向上、意識改革に取り組んでいきます。
 

支援スタッフ研究会の活動

支援スタッフ研究会の研修情報

支援スタッフ研究会の圏域代表名簿

平成29年度の圏域代表者リスト

 

圏 域

代表施設

代 表 者 名

下関

大藤園

中村祐太(なかむらゆうた)

萩・長門

さんみ苑

縄田裕三(なわたひろみつ)

宇部・小野田

このみ園

山下亜弥人(やましたあやと)

防府・山口

ひらきの里

磯貝美有(いそがいみゆ)

周南

第1しょうせい苑

貞森達雄(さだもりたつお)

岩国・柳井

さつき園

濱田紀子(はまだのりこ)